新型うつの特徴

新型うつの特徴と症状を知る

従来のうつ病は継続して気分が落ち込みが続きます。何事も自分の責任だと感じて自分自身を責めてしまいます。食欲もなくなり、睡眠もあまりとれない状態が続きます。 対して、新型うつは、仕事の時だけ症状が出る傾向があります。仕事が終われば元気だというのが特徴なのです。従来のうつ病が自分を責めてしまうのに対し、新型うつでは環境や他人のせいにする傾向が強いようです。職場で物事が上手くいかない時に会社や上司、または家族などに責任を転嫁してしまいます。食欲もあり、睡眠もしっかりととれるという面が新型うつの傾向です。 簡単にいうと、仕事中だけうつになり、会社が終われば元気なのが新型うつの特徴です。ほとんどの方が、20代〜30代前半の方で、元気な面もあるということで、なかなかわかりずらく理解してもらえない面もあります。

発病するきっかけや原因

従来型のうつ、新型うつに限らず、ストレスは重要な 要因のひとつといえます。同じストレスを受けたとしても、ストレスと感じる人もいれば、感じない人もいるものです。同じようにストレスを受けても、受けとる側の感受性の違いで強弱が出てくるものです。 そのひとの性格も、新型うつの発病にかかわる誘因のひとつになります。 新型うつになりやすい人の特徴とは、おとなしい性格で成績も良く周囲から褒められてそだったような、いわゆる良い子タイプが多いです。社会人になってからも真面目で、上司からも高い評価を得ます。 例えば仕事でちょっとした失敗してしまったとします。本人は叱られたり批判された経験がない為、まるで大きな失敗をしてしまったのように激しく落ち込んでしまうのです。また何気ない他人の一言に敏感に反応して、感情の浮き沈みが激しくなったりもします。 このような事がきっかけで新型うつを発病してしまう傾向があります。

大切なのは周囲の理解

うつは症状がずっと続いているので、誰が見ても病状が分かりやすいです。でも、新型うつの場合は、仕事や嫌なことをするときだけそう見えます。そうなると、新型うつに対する理解がない人から見れば、ただ単に怠けているようにしか見えません。 誰だって嫌なことはやりたくないけれど我慢しているのに、というような見方でいると、その人に対して不満が出てきます。 そんな職場に行きたくなくなり、余計新型うつが進行し、悪循環になってしまうのです。 そうならないためにも、まず周囲の人たちが新型うつに対する知識をきちんと取り入れ、患者に理解を示すことが重要です。お互いに精神的負担がかからないように、病状を改善していく方法を考えることが、新型うつを治す近道になります。