従来との違い

新型うつと従来のうつと症状が異なる点

近頃、若者達の間で新型うつが増えています。このうつ病は、従来のうつとは少し異なる症状が特徴です。たとえば、新型うつは嫌なことがあると情緒不安定になる一方、好きなことがあると明るくなります。そして、パニック障害などの不安障害を併発します。 また、日常生活でうまくいかない場合、従来型では自分を責めます。しかし、新型うつは周りの環境や他人のせいにする傾向があります。特に仕事場で物事がうまくいかないと、会社や上司のせいにします。 この新型うつの難点は、患者が周囲の理解を得にくいことです。周囲の目からは、ただのわがままとしか映らないからです。しかし患者自身は気分の浮き沈みに苦しみ、疲弊しています。新型うつの症状を改善するには、周囲の理解が必要といえます。

うつの状態を良くするためには

新型うつを解消するためには、まず働いている方はなるべく仕事に行くように努力する必要があります。従来型のうつ病では、積極的に仕事を休むことが奨励されます。ですが、新型うつでは休んでしまうと、そのままずるずると症状が悪化することが多いです。なので、多少辛くても、頑張って仕事に取り組むことも必要です。仕事を頑張ることで、精神の覚醒が促されて体内リズムが整ってくれます。それで、うつの症状が改善されます。 その他の効果的な治療方法は、1日に1回は外に出て体を動かすことです。というのは、軽い運動を行うことで、気分を安定させる効果があるからです。外に出たくない時も、家の掃除などをして適度な運動をすると良いです。